フォト
無料ブログはココログ

最近のコメント

« 昔の葬儀 通夜ぶるまい① | トップページ | 葬儀の場所 ② »

2007年8月15日 (水)

昔の葬儀 通夜ぶるまい②

私が勝手に昔の葬儀と定義していますが、高々30年~40年前のことで、現在70才前後の方なら知っている事なのですが、とにかく昼間の会葬から夜の弔問が多くなり、自宅から斎場へと移り日本の高度成長と共に変化してきた様に思います。

こんな言葉が思い出されます。『どんなに狭くても自宅から出してやりなさい』・・・だんだん、自宅でしようと思ったら『なぜ式場を借りなかったの』親しい方がおっしゃる様になりました。

本題の通夜ぶるまい②最近は通夜のお斎の席(お通夜のお食事)にほとんどの方が入ります。御遺族は式場でお通夜の真っ最中です。お食事のお給仕をする配膳さんから、最初から入った方が最後まで席が空かないとか料理のお代わりのお申し出があるとよく聞きます。故人を偲ぶ席ですが、故人をご存じでないから、話題は世間話になり時として盛り上がり宴会状態です。過去にも50代で亡くなった方の娘さんが、式後その席に来てショックを受けた方がいらっしゃいました。そうです悲しみをこらえている遺族をよそにして大騒ぎしているわけですから・・・

ノウハウ本の弔問マナーに席に着くのがマナーみたいに書かれているが、それは間違いだと思う。前述の通り故人と面識無い通夜客は基本的には焼香後は散会すべきと思う。それが葬家の負担を軽減出来るからです。

食事の人数が少なくなれば、式場も小規模になり、会場費・設営費・食事代が軽減出来る。

御香典は葬家の急な出費を救済する為の互助システムのはずです。次の計算式を見て考えて下さい。

(御香典)5.000円ー(お通夜のお食事)3.000円ー(粗供養品)1.000円=1.000円  

これで御香典返しを半返ししますと1.500円持ち出しになります。これでは葬家が大変です。

やっぱりお食事をするのは、親友・近隣の人・親族・お手伝いの係員が望ましい様に思います。                 

 いかがでしょをうか    料理屋さんすいません。

« 昔の葬儀 通夜ぶるまい① | トップページ | 葬儀の場所 ② »

葬儀の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔の葬儀 通夜ぶるまい②:

» 葬式の知識やマナー [葬式の辞典]
お葬式の知識やマナー、挨拶文例集などを紹介しています。 [続きを読む]

« 昔の葬儀 通夜ぶるまい① | トップページ | 葬儀の場所 ② »